TOP > 被災ペット > Title - 飼い主と暮らせるのはいつ
2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11




飼い主と暮らせるのはいつ 
覚えてますか?

震災から13日後、南相馬の海岸をさまよっている
犬が朝日新聞に載せられた。

それを見た花猫さんから、どうしたらいいかブログに
相談が寄せられ、震災迷子掲示板に載せて、
保護を呼びかけてもらった。

翌月、その犬が保護された。

その犬の名はジョニー君。
飼い主さんが見つかって、もう一緒に住んでいると
思っていたが・・・。

朝日新聞(2012.2.22)からの転載です。

-------------転載ここから------------

●震災生き抜いた犬ジョニー

昨年3月23日の夕暮れ、南相馬市鹿島区のがれきに
覆われた海岸付近を、1匹の犬がさまよっていた。
その写真が翌24日付の朝日新聞朝刊1面に掲載された。

この犬の名前は「ジョニー」。その後、無事に保護されたが、
いまも元の家族とは一緒に住めないでいる。

飼い主は、東京電力福島第一原発から15キロ、警戒区域内の
同市小高区岡田に住んでいた梅田芳子さん(58)一家。
震災時は、夫(58)と義母(81)、長男(30)の
4人暮らしだった。長男が高校生の頃にもらってきた
ジョニーは、食事の世話をする芳子さんが大好きだった。

震災翌日の3月12日。「放射能が危ない」。
長男が聞いてきた情報で、同市原町区の親類宅へ避難した。
14日午前11時すぎ、「ドーンと花火かと思った」のは、
原発の爆発音だった。15日には、おい家族が住む、
仙台市のアパートへ行くことに。そこには、別の親類も
身を寄せていて、ジョニーを連れて行くことはできなかった。

「つないでおいたら死んでしまう。放せば、賢いジョニーなら
何とかなる」。夫の言葉に、芳子さんはあるだけの
ドッグフードを与え、首輪から鎖を外した。
「生きていて」と涙を浮かべた芳子さんを見つめるジョニー。
走り去る車を数百メートル追いかけてきた。
「ごめんね。元気でね」

4月には、山梨県北杜(ほくと)市の義姉宅に世話になった。
「これ、ジョニーじゃない」。芳子さんは朝日新聞を渡された。
似ていたが、自宅から約20キロ離れた鹿島区まで
行くだろうかと半信半疑だった。それから、テレビで
被災地の犬が映ると凝視するようになった。

k_img_render-2.jpg


4月29日。「ジョニーいたよ」。県のインターネットサイト
「動物愛護のページ」を見た次男(28)からの電話で、
保健所に保護されていると知った。ジョニーは鹿島区に
嫁いでいた長女の家で預かってもらうことになった。

5月から長男が引っ越した千葉県成田市に義母と身を
寄せていた。勤務先の原町区の貸衣装店が再開することになり、
同月末、近くにアパートを借りて一人暮らしを始めた。

すぐに長女の嫁ぎ先を訪ね、ジョニーと再会した。
芳子さんを見たとたん、前脚を上げて立ち上がった。
「襲いかかってきた」。ギューッと抱きあった。
「ごめんね。良かったねえ」。
ジョニーはいつまでも芳子さんの体中を嗅ぎ回った。

k_img_render-3.jpg

同じ市内に住む芳子さんだが、なかなかジョニーに会えない。
会った後、ジョニーが2度も首輪を壊して失踪したからだ。

今月10日、久々にジョニーに会った。黒々とした毛並みは、
数カ月前の痩せこけた犬とは思えなかった。

現在、夫は勤務先の運送業の事務所が移転した福島市内に
義母と住む。4人と1匹だった家族はバラバラなままだ。
アパートに一人でいると、「原発さえなければ、
普通の生活が続いていた。小高に帰り、
家族とジョニーと一緒に暮らしたい」との思いが募る。

その当然の思いが、しばらく実現しそうにはない。(金子淳)

●保護動物、戻れたのは4割

警戒区域内では、原発事故翌月の昨年4月以降、
犬415匹と猫228匹の計643匹が保護された。
このうち飼い主の元に帰れたのは4割弱。
の住宅事情などが引き取りの壁となっている。

保護された犬や猫は、保健所で放射線量の検査を受けた後、
県や県獣医師会などでつくる県動物救護本部の
一時収容施設2カ所に移される。

約7割は飼い主が判明したのに、飼い主の元に戻れたのは
39%の253匹。同本部のホームページで写真を掲示
しても飼い主が分からなかったり、飼い主が引き取りを
断念したりして、新しい飼い主に譲られたのが100匹いる。
一時収容施設では現在、警戒区域外での保護も含め
約240匹が暮らしている。

k_img_render-1.jpg

2カ所の施設の運営費は月約500万円。
公費は使われず、義援金などの民間資金が支える。
散歩などの世話はボランティアらが担う。
常駐する同本部の獣医師、豊田正さんは「長期間離ればなれだと
飼い主との絆が心配」と話す。

県が昨年10月、当時判明していた飼い主約220人に
電話で聞くと、約150人が「いずれは引き取りたいが、
当面できない」と答えた。「仮設住宅のため周囲に
迷惑をかける」「警戒区域が見直されるまで待ってほしい」
などの声があった。 (三島豊弘)

-------------転載ここまで------------

同じ震災で宮城では多くの子が飼い主さんの元に
帰っているが、福島ではまだまだ少ない。犬も猫も。

警戒区域が見直されるまで・・・
いったいいつになるのだろう?

がれきの処理も1年経とうとしている現在でも
ほんの5%しか進んでいない。
がれきの処理が遅れていては復興は難しい。

1日も早く復興し、心置きなく飼い主さんがペットと
一緒に暮らせる日がきてほしいです。


神奈川近辺の方!!
飼い主さん入院のため、一時預かりさん募集中!
期間は2~3ヵ月です。

http://sururushirasu.blog100.fc2.com/blog-entry-1359.html

いつもコメントをありがとうございます。
大変ありがたく読ませていただいております。
しらすの捜索と震災迷子達の情報収集のため
コメントのお返事はしばらくお休みさせていただいております。
申し訳ありません。

探しています!(一部サイドバーへ移しました)
New
徳島やんまる君東京ポコちゃん天草マスク君 ぺこちゃんバナー東北地震犬猫レスキュー.com東北関東大震災 緊急支援クリック募金 JWordクリック募金 クリックで救える命がある。

ブログ村2  br_decobanner_20110402151941.gif ニッポン応援
にほんブログ村   ブログランキング

いつもご訪問、コメントありがとうございます。
コメント欄をいつも閉じていて、本当にすみません。

↓ブログ村、人気ブログランキングに参加してます!
よろしければ、ポチッと押していただけると
とってもうれしいです(^^♪

ブログ村2  br_decobanner_20110402151941.gif
  にほんブログ村   人気ブログランキングへ

New 迷子さん ←サイドバーの迷子の子もぜひ見てください。
調布市白ぶち♂そら君静岡県焼津市中里スコティシュフォールド経ち耳ミルクティー♂マルコ君20130118114109858.jpg 東北地震犬猫レスキュー.com 

1日1回クリックしてね。 
↓震災復興支援クリック募金
平成28年熊本地震災害義援金
パシフィックサプライ(株)さんから1円が支払われます
熊本地震義援金
家庭教師のアルファさんから1円が支払われます

JWordクリック募金 PSC.png PSC.png 

THEME | GENRE ペット |
被災ペット | トラックバック: 0 | コメント : 4 -

COMMENT LIST

【管理人のみ閲覧できます】 by -



【】 by 花猫


てっきり飼い主さんと幸せに暮らしていると思っていました。
芳子さんを見て前脚で立ち上がったジョニー。
胸が詰まりました。どうかもう一度家族みんなでジョニーと暮らせる日がきますように。
小高で、が実現不可能ならせめて他の場所でもいい。
なんとか共に暮らせる日が来ることを祈ります。

【】 by kakobox


離れ離れになったペットと飼い主さんが再び奇跡的に出会って、幸せに一緒に暮らせていると思うのは、被災地から遠い私達だからこその感覚なのでしょうか。
もうじき1年になろうとするのに、厳しい現実の改善度は低いですね。
芳子さんが会いに行った後、首輪を壊して失踪する…。
涙が出ます。
なんとかどんな形でも、一緒に暮らせるようになることを祈ってます。

【】 by grazie


元通りの生活ができるか、どうかは
やはり住宅環境によるんですね。
ジョニー君の飼い主の方は、人もバラバラの生活を余儀なくされ、本当にお気の毒な状況ですね。
1日も早く原発問題が解決して、小高に戻れますようにと
祈らずにはいられません。



<<被災者癒す駅猫クロ | HOME | 米国動物愛護団体からの支援>>

【管理人のみ閲覧できます】
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012/02/22(水) 22:56:03 | | # [ Edit ]
【】
てっきり飼い主さんと幸せに暮らしていると思っていました。
芳子さんを見て前脚で立ち上がったジョニー。
胸が詰まりました。どうかもう一度家族みんなでジョニーと暮らせる日がきますように。
小高で、が実現不可能ならせめて他の場所でもいい。
なんとか共に暮らせる日が来ることを祈ります。
2012/02/23(木) 00:55:36 | | 花猫 #- [ Edit ]
【】
離れ離れになったペットと飼い主さんが再び奇跡的に出会って、幸せに一緒に暮らせていると思うのは、被災地から遠い私達だからこその感覚なのでしょうか。
もうじき1年になろうとするのに、厳しい現実の改善度は低いですね。
芳子さんが会いに行った後、首輪を壊して失踪する…。
涙が出ます。
なんとかどんな形でも、一緒に暮らせるようになることを祈ってます。
2012/02/23(木) 03:31:30 | | kakobox #r6uSoc5A [ Edit ]
【】
元通りの生活ができるか、どうかは
やはり住宅環境によるんですね。
ジョニー君の飼い主の方は、人もバラバラの生活を余儀なくされ、本当にお気の毒な状況ですね。
1日も早く原発問題が解決して、小高に戻れますようにと
祈らずにはいられません。
2012/02/23(木) 06:38:42 | | grazie #- [ Edit ]



SECRET
 




TRACKBACK URL to this Entry