TOP > その他犬猫 > Title - ビー君が虹の橋の向こうへお出かけに
2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11




ビー君が虹の橋の向こうへお出かけに 
もんたさんのビー君が

虹の橋の向こうにお出かけして行きました。

ビー君はエイズと白血病と最後まで闘いました。

苦しかったでしょうに。

辛かったでしょうに。

でも、大好きな家族と少しでも長くいたいから、

最後まで頑張りました。

ビー君はもんたさんのお家の子で本当に幸せでしたね。

4月にもんたさんのおばあちゃんが亡くなられたそうです。

ビー君はそのおばあちゃんが大好きだったそうです。

だからビー君は寂しくないです。

今頃は、おばあちゃんのお膝で寝ているもかな?

おばあちゃんにお刺身をもらっているのかな?

これからは大好きなおばあちゃんと一緒に

もんたさんたちを守ります。

ビー君のご冥福を心からお祈りいたします。

今日も引き続き、ピー君のためにお星様を降らせます。


20キロ圏内のペットを救おう!!
click ネット署名click
   現在14593名

東北地震犬猫レスキュー.com 東北関東大震災 緊急支援クリック募金 JWordクリック募金 sharewith.jpgunilever_click1.jpg

ブログ村2  br_decobanner_20110402151941.gif ハナサケニッポン ニッポン応援
にほんブログ村   ブログランキング

いつもご訪問、コメントありがとうございます。
コメント欄をいつも閉じていて、本当にすみません。

↓ブログ村、人気ブログランキングに参加してます!
よろしければ、ポチッと押していただけると
とってもうれしいです(^^♪

ブログ村2  br_decobanner_20110402151941.gif
  にほんブログ村   人気ブログランキングへ

New 迷子さん ←サイドバーの迷子の子もぜひ見てください。
調布市白ぶち♂そら君静岡県焼津市中里スコティシュフォールド経ち耳ミルクティー♂マルコ君20130118114109858.jpg 東北地震犬猫レスキュー.com 

1日1回クリックしてね。 
↓震災復興支援クリック募金
平成28年熊本地震災害義援金
パシフィックサプライ(株)さんから1円が支払われます
熊本地震義援金
家庭教師のアルファさんから1円が支払われます

JWordクリック募金 PSC.png PSC.png 

THEME | GENRE ペット |
その他犬猫 | トラックバック: 0 | コメント : 3 -

COMMENT LIST

【】 by EIJIの奥様


おばあ様を亡くされビー君も虹の橋を渡られたんですね。
あんな小さな体でエイズと白血病と戦った。
本当に辛かったでしょうね。

ビー君のご冥福を心からお祈りいたします。

【】 by Puriko


うちも白血病キャリアが2二匹います。
今は元気だけど、発病したらと考えると。
いや、今は考えないようにします。。。

ビー君のご冥福をお祈り致します。

【】 by たま


ビー君、もう天国につきましたか?
ビー君は頑張りやさんだったんだね。最後までおうちの人と一緒にいたかったんだよね。
大好きなおばあちゃんがビー君を待っててくれたと思うの。
きっと今はおばあちゃんのお膝で寝てるよね。
温かいおうちで可愛がってもらって幸せだったね。
これからはお空の上からみんなを見守ってあげてね。
ビー君、お疲れさまでした。




【】
おばあ様を亡くされビー君も虹の橋を渡られたんですね。
あんな小さな体でエイズと白血病と戦った。
本当に辛かったでしょうね。

ビー君のご冥福を心からお祈りいたします。
2011/05/31(火) 12:22:13 | | EIJIの奥様 #- [ Edit ]
【】
うちも白血病キャリアが2二匹います。
今は元気だけど、発病したらと考えると。
いや、今は考えないようにします。。。

ビー君のご冥福をお祈り致します。
2011/05/31(火) 19:39:03 | | Puriko #- [ Edit ]
【】
ビー君、もう天国につきましたか?
ビー君は頑張りやさんだったんだね。最後までおうちの人と一緒にいたかったんだよね。
大好きなおばあちゃんがビー君を待っててくれたと思うの。
きっと今はおばあちゃんのお膝で寝てるよね。
温かいおうちで可愛がってもらって幸せだったね。
これからはお空の上からみんなを見守ってあげてね。
ビー君、お疲れさまでした。
2011/06/01(水) 00:21:25 | | たま #- [ Edit ]



SECRET
 




TRACKBACK URL to this Entry